オフザピッチの取り組み

社会連携

Blossom League (育成リーグ)

大学からサッカーを始めた選手や試合に出る機会の少ない選手の出場機会を増やすために平成22年度から始まったリーグです。経験年数が短い選手が優先的に試合に出ることが出来ます。

マネジメントポイント制度

地域の小学生へのサッカー教室や他のサッカー大会の運営など、選手としてではなく、サッカー普及のための活動に貢献したチームにポイントを与え、オフ・ザ・ピッチでの活動を評価する制度です。

大宮アルディージャとの連携事業

Jリーグのクラブチームである大宮アルディージャと連携し、様々な試みを行っています。
具体的には、ホームゲームの運営補助やインターンシップの推進、アルディージャのスタッフを講師としてお迎えするクリニックの開催などです。

ページの上部へ戻る